細長い花壇を散水するベストな方法


三光産業株式会社の浅野です。

 

・現場下見からゴールデンウィーク前の1週間で急ぎ施工して欲しいという依頼でした。

現場下見、見積、現場に乗り込み施工は1日。

結果4月21日に現場を見て、4/27施工完了しました。

 

ご要望は、

 

・できるだけ安価で(渡りの配管施工をやめて、グリーンホースで対応)

・ひとが散水しないで、自動散水したい。

・既設は15Aの蛇口1個でその蛇口も残して散水したい。

 

ということでした。
チューブに穴が開いているタイプと比較したようです。

 

しかし、延べ延長が60M有り、施工ができなかったとの事なんですよね。

 

今回造園業者からの依頼で、納品した植木が夏場枯れないか、

保水性の高い土を入れたが不安が残るので導入したそうです。

IMG_0975 IMG_0972

 

できるだけ安価にと思うが、

やはり「餅は餅屋に任せたい、やはりプロは違うから」と造園業者の社長さんが

即決されました。

 

 

このように細長い敷地や入り組んだ敷地ですと、スプリンクラーでは対応しにくい。

 

 

景観を損ねず散水できるのは、

ウォータードロップチューブです。

http://www.kansui1.com/w-drop-tube.html

tyu-bu

弊社のチューブは土の中に埋めてしまうことができるのが特徴ですね。

ジワジワひたひたと地中の中から散水するものです。

 

細長い敷地の散水などでお困りの方はご連絡くださいね。

 

お読みいただいてありがとうございます。

 

代表取締役 浅野統雄


水まき・水やり・散水にお困りになったら
お気軽にお問い合わせください。
相談は無料です。

三光産業株式会社
相談窓口電話:0120-358ー317
《9:00~18:00通話料無料・携帯可 土日祝日を除く》
電話:03-5443-8558
FAX:03-5443-8556
問い合わせフォームはコチラ
=====

『1分でできる現場にピッタリ合った
散水機が選べるPDFチャート』

無料でプレゼント中です。

ご登録はコチラ

=====

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>