「撒ききれないところを散水したいんです」栃木県県某総合運動場スプリンクラーの納入事例


三光産業株式会社のスプリンクラー選定士・浅野です。

 

今回のお仕事は既に固定設置されたスプリンクラーを
お持ちの運動公園からの依頼でした。

固定タイプで散水しきれないところ(撒き残されたところ)
をなんとかしたいというお悩みでした。

芝生のグラウンドなどですと、

枯れてしまうので放ってはおけませんよね。

今回は、スーパーライトレイン四輪台車を選びました。
DSCF2982

このタイプは日本一軽い四輪台車タイプの散水車です。

持ち運ぶ際に大変便利です。

今回のように全自動の施工取り付けしたスプリンクラーを設置した現場では
よくこの「撒き残し」の問題が起こっています。

予算の都合で、設置台数を削ってしまったり、ポンプの出力を下げたものを
選定してしまったりと、
よく聞くお話です。

決められた予算の中で公共事業を進めている方々も大変だろうなぁと
常々感じますね。

喜んでいただけたようでよかった。
DSCF2987

お読みいただいてありがとうございます。

 

販売促進部 統括部長:浅野善之


水まき・水やり・散水にお困りになったら
お気軽にお問い合わせください。
相談は無料です。

三光産業株式会社
相談窓口電話:0120-358ー317
《9:00~18:00通話料無料・携帯可 土日祝日を除く》
電話:03-5443-8558
FAX:03-5443-8556
問い合わせフォームはコチラ

=====

『1分でできる現場にピッタリ合った
散水機が選べるPDFチャート』

無料でプレゼント中です。

ご登録はコチラ

=====

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>