屋根散水システムのわかりやすい全体図


三光産業株式会社のスプリンクラー選定士・浅野です。

 

今日は屋根散水システムの全体図を解説したいと

思います。

 

まずはこれを御覧ください。

 

yane

千代田グラビヤ 屋根散水 画像 (42)

ちょっと解説を加えますね。

 

原則、屋根の一番高いところにスプリンクラーを設置します。

参考:TBJ-ZA7
yane-tbj-za7

水は高いところから低い方に向かって流れるからです。

 

只、もしも近所に住宅があったりする場合は、

 

屋根の外周部から中央に向かって散水できるように

設置する例もありますのでご参考まで。

 

そして、

 

水槽に貯めた水をポンプで加圧するところからスタートです。

 

 

水槽↓

千代田グラビヤ 屋根散水 画像 (12)

 

 

ポンプです。↓

千代田グラビヤ 屋根散水 画像 (14)

水を出したり・止めたりを制御するのが「散水タッチパネルコントローラー」と「電磁弁」になります。

 

 

こちらが電磁弁です。 がっちりとした砲金(青銅)製のものを選んでください。
耐久力があります。

千代田グラビヤ 屋根散水 画像 (5)

 

こちらが散水タッチパネルコントローラーの操作画面です。

簡単に設定ができる仕組みになっています。

タッチパネル 画面

 

ここで気をつけたいのが、水の中のゴミなどを取り除く

ステンレストップオープンストレーナーSTO型の設置を忘れないようにすること。

千代田グラビヤ 屋根散水 画像 (16)

上部にフタがついているタイプでゴミ掃除が楽です。

 

屋根に取り付けたスプリンクラーにゴミが詰まると

そう簡単に取り除きに屋根の上に登ることができないだけに注意が必要です。

 

あと注意すべきは「自動排水弁」です。
yane-adv

配管の中に水が溜まりっぱなしになると冬季中に凍結破損を

引き起こしたり、痛みも早くなります。

 

「手動バルブで水抜きするからだいじょうぶだよ」と

よくおっしゃる人がいるのですが、
人は「忘れる」イキモノです。

 

シーズンオフに入ったときに水抜きを忘れて、

凍結破損を引き起こした現場に時折遭遇します。

いくらもしない部品ですので、設置をしたほうがいいです。

 

これが全体の屋根散水システムの流れです。

お読みいただいてありがとうございます。

営業部長:浅野

千代田グラビヤ 屋根散水 画像 (40)


水まき・水やり・散水にお困りになったら
お気軽にお問い合わせください。
相談は無料です。

三光産業株式会社
相談窓口電話:0120-358ー317
《9:00~18:00通話料無料・携帯可 土日祝日を除く》
電話:03-5443-8558
FAX:03-5443-8556
問い合わせフォームはコチラ

=====

『1分でできる現場にピッタリ合った
散水機が選べるPDFチャート』

無料でプレゼント中です。

ご登録はコチラ

=====

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>