最終処分場などの屋内施設で散水する方法


 

三光産業株式会社の散水プランナー・真辺です。

 

「最終処分場などの屋内施設で粉塵対策としての散水がしたい」

上記のようなお問い合わせが近年非常に増えております。

 

その際によくあるお悩みが、

①天井が低いので散水した水が天井に当たってしまう。

②施設が広いので、壁面から散水しようとすると中央まで水が届かない。

という二点です。

 

これらの悩みについて、解決する方法を説明します。

 

まずは、①番目の「天井が低いので散水した水が天井に当たってしまう」問題について。

この問題は散水仰角(水の噴射角度のことです)を低くすることで解決します。

 

次は②番目の「壁面から散水しようとすると中央まで水が届かない」問題についてです。

この問題は飛距離の出る大型のスプレーガンを採用することで解決します。

 

 

当社では、①と②の問題を解決するスプリンクラーを提供しています。
そのスプリンクラーがスペシャルスプレーガン SSG65型】という商品です。

 

ssg

 

こちらの機種の大きな特徴は、散水仰角(噴射角度)を変えられることです。

通常のスプレーガンでは仰角が23°前後ですがこちらの機種は最小15°まで下げることができます。

これにより天井が低い屋内施設でも天井に水が当たることなく散水することが可能です。

 

また飛距離が30m以上出る機種ですので、広い施設でも中央まで水が届きます。

 

 

 

某最終処分場施設での散水の様子です。

bozin11

 

bozin12

 

bozin13

 

スプレーガンは下の写真のように歩廊に配管を固定して取り付けます。

bozin15

 

 

以下のページで、最終処分場や廃棄物処理場、解体場などの

「粉塵を防ぐための散水に関する情報と商品」を紹介しています。

→ 防塵対策・防塵処理用の散水システムの紹介ページ

 

 

お読みいただいてありがとうございます。

最終処分場など屋内施設の散水について、

お悩みや聞きたいことがありましたら、
お気軽にお問い合わせください。
相談は無料です。

 

三光産業株式会社
相談窓口電話:0120-358ー317
《9:00~17:30通話料無料・携帯可 土日祝日を除く》
電話:03-3703-4554
FAX:03-3703-4557
問い合わせフォームはコチラ