散水器具の改良を考えたときにまずすべきこと


三光産業株式会社のスプリンクラー選定士・浅野です。

 

気温が上がった割に、雨足が強くないということもあり、
弊社には問い合わせが殺到しております。

 

夏の間は先着順の対応になるため、
しばらくお待ちいただくこともあります。

 

梅雨の時期に購入や修繕を終わらせてしまうことをおすすめします!

E58699E79C9F034

さてブログを読んでいる方たちは

今何かしらの散水器具をお持ちかと思います。

 

そこで改良を考えているのであればまずは「現状把握」が重要です。

 

ホースを持っているのであればそのホースの口径や取水口の口径を
調べる。

 

 

参考:ホース口径の調べ方
https://goo.gl/uHmCgm

 
ポンプを使っているのであれば、そのポンプの仕様や型式を調べる
などをしてください。

 
またどうしてもわからない場合は写真を撮ってください。

 
それをメールしていただくことで、かなり散水機器の選定がやりやすくなります。

 

特に現場から携帯電話で問い合わせるのがいいです。

 

そこで指示に従いながら説明ができるからです。

 

お客さまが散水機器の知識がないのは普通です。

 

水道業者でもほぼ全くと言っていいほど散水の知識はありませんから。

 

そんなものですので全く恥ずかしいことはありませんので、
プロにまかせてしまうのがいいですよ。

 

 

弊社の問い合わせフォームはこちらです。

https://goo.gl/8PTxdx

 

 

お読みいただいてありがとうございます。

 

販売促進部 統括部長:浅野善之


水まき・水やり・散水にお困りになったら
お気軽にお問い合わせください。
相談は無料です。

三光産業株式会社
相談窓口電話:0120-358ー317
《9:00~18:00通話料無料・携帯可 土日祝日を除く》
電話:03-5443-8558
FAX:03-5443-8556
問い合わせフォームはコチラ

=====

『1分でできる現場にピッタリ合った
散水機が選べるPDFチャート』

無料でプレゼント中です。

ご登録はコチラ

=====

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>