手早く散水スプリンクラー設備を設計するには?


三光産業株式会社のスプリンクラー選定士・浅野です。

 

学ぶという言葉は「真似ぶ」が語源だそうですね。

ちなみに、散水スプリンクラーの設備設計するとき、

一番手っ取り早いのは、プロが作った図解集を利用することです。

マネするのです。

 

こんなもの。

02zukai

 

 

設備の全体像がわかりますでしょう。

ひとつひとつの部材を複雑に組み合わせる必要があるため、プロが予め選んだ図解を利用した方が早くて間違いがないんです。

 

こちらのページ

では各散水システムの図解(PDFもCADデータもあり)が揃っていて便利です。

冊子の図解集も無料で送っています。

こちらのページから「図解集とカタログを送って欲しい」と明記して申し込むとよいでしょう。

 

この図解集があると、「そもそもどんな散水システムにしようか?」を考えるときに

便利です。

一度取り寄せてみてはいかがでしょうか。

 

お読みいただいてありがとうございます。

 

販売促進部 統括部長:浅野善之


水まき・水やり・散水にお困りになったら
お気軽にお問い合わせください。
相談は無料です。

三光産業株式会社
相談窓口電話:0120-358ー317
《9:00~18:00通話料無料・携帯可 土日祝日を除く》
電話:03-5443-8558
FAX:03-5443-8556
問い合わせフォームはコチラ

=====

『1分でできる現場にピッタリ合った
散水機が選べるPDFチャート』

無料でプレゼント中です。

ご登録はコチラ

=====

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>